結婚指輪はランキングの上位になるブランド|テキパキ選べる方法

安心の品質

ダイヤ

世界の基準のダイヤモンド

結婚指輪にはダイヤモンドが使われることが多いですが、ダイヤモンドの品質はGIAという協会で鑑定します。GIAがダイヤモンドを鑑定するときに、基準として使うのがラザールダイヤモンドなのです。ラザールダイヤモンドは世界3大カッターズブランドの1つで、世界のダイヤモンドの基準に選ばれるほどのダイヤモンドカット技術を有しています。ラザールダイヤモンドは、原石選びから厳しい基準を持って選出しています。カットの仕方はカラット数を大きくするのではなく、美しいカットを目指して職人が1つ1つを手作業でカットしています。これほどの品質を持ちながら、ラザールダイヤモンドはリングにも高い技術がつかわれ、豊富なコレクションを持っています。さらにその価値からは想像できない程のリーズナブルな価格設定なのも人気を上げる理由になっています。

本物のしるし

結婚指輪は2人で一緒に選ぶことが一般的ですが、婚約指輪はサプライズを狙うことも多いものです。しかし、婚約指輪も2人で選んだほうが良いでしょう。それは、リングを使うのは妻になる人で気にいったデザインでなければ形だけの婚約指輪になってしまい、日常的に使ってもらえない可能性があります。また、ダイヤモンドの品質証明書は必須です。日本ではダイヤモンドであれば良いといった風潮があり、品質に関して厳しく扱われていないところがあります。ラザールダイヤモンドでは、厳しい基準が存在していて、ラザールの熟練した鑑定士によって鑑定され、等級づけされた品質証明書が必ずついてきます。長い間つけることになる結婚指輪や婚約指輪は、本物の品質を持ったダイヤモンドを手に入れたいものです。